特定健診と特定保健指導には問題点がいっぱい

スポンサードリンク

2008年03月31日

企業ぐるみでメタボ防げ トヨタなど義務化向け独自基準

特定健診・特定保健指導の企業の取組み、トヨタの取組みが紹介されています。ここまでやれる企業は、はっきり言って、ほとんどないと思います!目先の経済状況が、厳しすぎますよね。

(asahi.comより引用)

 企業の間で、社員のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防に向けた取り組みを強化する動きが出ている。4月からメタボの予防や防止に注目した特定健康診断特定保健指導の制度が全国的に始まるためだ。社員に健康になってもらうことは、結果的に会社の医療費負担を減らすことにもなるため、あの手この手で社員の健康維持をねらう。

 トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)は、特定健診の対象年齢を新制度の対象(40〜74歳)より広げて36歳からに設定。特定保健指導にも国とは異なる独自の基準を設けた。

 同社では、従業員約10万6000人とその家族約12万1000人がトヨタ自動車健康保険組合に加入。特定健診の対象者は7万9000人で、国の基準より1万7000人多い。特定保健指導が必要なメタボ該当者または予備群は約2万人とみられる。

 このほか、会社と健保組合が約40億円を投じて今春、豊田市内に健康支援センター「ウェルポ」を開設したり、4年に1度、「夫婦健診」を実施したりする。妻のメタボへの関心を高めて夫の健康管理をしてもらう。

 こうしたメタボ対策では数十億円の経費が必要とみられるが、ウェルポの岩田全充所長は「長い目でみれば、従業員が元気に働けば医療費は減り、生産活動にも良い影響を与える」と話す。

posted by 特定健診・特定保健指導 at 17:18| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

特定検診を見据えて ダイエットサポートゼリー飲料「スリムアップエイド ダイエット林檎」

男性用のダイエット間食用飲料です。このように、企業も一緒になって動くことで、健康志向は徐々に高まり、特定検診・特定保健指導の普及と効果が高まるといいですね。特定検診・特定保健指導の導入に行政の悩みは主に経済的なもの。ここで企業とうまくタイアップできれば、それも緩和される道はないのでしょうか?

(マイライフ手帳より引用)

 アサヒフードアンドヘルスケアは、カロリーゼロのダイエットサポートゼリー飲料「スリムアップエイド ダイエット林檎」を4月7日から全国のコンビニエンスストア限定で発売する。

 今年4月からメタボリックシンドロームに焦点を当てた「特定健診・特定保健指導」(メタボ健診)がスタートする。同社はこうした点に着目して、カロリーを気にする男性や、ダイエット願望のある男性をターゲットに、燃焼系成分と栄養成分配合なのにカロリーゼロの本格ダイエットサポートゼリー飲料「スリムアップエイド ダイエット林檎」をダイエット中の間食サポートアイテムとして提案する。

 「スリムアップエイド ダイエット林檎」は、甘さ控えめな、爽やかなりんご味のダイエットサポートゼリー飲料。燃焼系成分、1日分に必要な11種のビタミンがバランス良く配合されていて、ダイエット中の栄養バランスもサポートするという。カロリーは、0kcal(栄養素等表示基準値に基づいている)とダイエットにはうれしい設計になっている。

 商品パッケージは、シンプルな黒のパッケージをバックに赤いリンゴを大きく配すとともに「DIET」「0kcal」と用途をわかりやすく明記。男性が持っていてさまになるようなシンプルかつ高級感のあるデザインにしたとのこと。

 販促活動では、5月上旬から“オトコは黒だ!”と題した、クローズドキャンペーンを実施する。
 
posted by 特定健診・特定保健指導 at 06:30| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

特定健診をにらんで…日本一周旅行を体験できる歩数計

特定健診・特定保健指導が始まると、商機を求めて企業が参入し、いやがおうでも健康志向が高まります。楽しみながら健康に役立つ、というコンセプトは今後育ってくるでしょう。

(NIKKEI NETより引用)

 タカラトミー子会社のユーメイト(東京・葛飾)は4月2日、日本一周旅行を模擬体験できる歩数計=写真=を発売する。液晶画面がついており歩数に合わせて“現在地”が移動する仕組み。4月に特定健診・特定保健指導が始まるのにあわせて、楽しみながら健康に役立つ点をアピールする。

 希望小売価格は3360円で、全国の玩具店やホームセンターなどで販売する。初年度20万個の売り上げを見込む。

posted by 特定健診・特定保健指導 at 15:31| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

はけばお腹が引き締まる! ワコールの“脱メタボパンツ”

このパンツ、いけそう。特定健診・特定保健指導の有無にかかわらず、奥さんが旦那さんに買ってあげる、みたいなことが増えそうな商品だと思います。女性用はないんかな?

(日経トレンディネットより引用)

 はいて歩くだけで、たるんだお腹がきゅっと引き締まる――最近よく耳にする「メタボリックシンドローム(メタボ)」なる言葉に心を痛めている男性諸氏にとって、こんな虫のいい、いや、夢のような“パンツ”が登場した。下着大手のワコールが、全国の百貨店で3月18日(チェーンストアは4月10日)に発売した「CROSS WALKER(クロスウォーカー)」だ。このパンツは独自の構造により、はいて歩けば歩幅が広がり、通常の歩行が自然にエクササイズ歩行となって筋肉を鍛えられるという。

 2008年4月からは40歳以上を対象とした「特定健診・保健指導」、いわゆる“メタボ健診”が実施される。商機ありとみたワコールは、昨今の健康志向に即したクロスウォーカーの投入で、男性用下着市場に本格参入する。約2700億円といわれる同市場のうち、機能性下着のシェアは約2割。同社は新製品を軸に、30億円の売り上げを目指す。

 既に2008年2月から一部百貨店でクロスウォーカーのテスト販売を実施し、好感触を得たとのこと。また「エクサウォーカー」の名称で、今年1月下旬から各企業の健康保険組合を通じた販売を実施するなど、今回の一般販売に向けた準備は万端だ(詳細は「はいて歩けばメタボ対策? “歩き”を変える男性用下着『エクサウォーカー』」を参照)。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 08:53| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

メタボ県民15万人超、2008年度推計

メタボリック対象者を探す特定検診・特定保健指導よりも、メタボリック予備軍をどう減らしていくか。これもとても大切な視点ですね。

(下野新聞より引用)

 メタボリック(内臓脂肪)症候群対策を新たに導入した「特定健診・保健指導」が4月から全国一斉にスタートするが、メタボの県内該当者は2008年度で15万人を超え、予備軍と合わせると32万人に上る見込みであることが24日までに、県保健福祉部の推計で分かった。県は総合的な健康づくりの指針「とちぎ健康21プラン」を見直して食生活改善と運動習慣対策などを強化。今後5年で該当者と予備軍を10%以上減らす数値目標を掲げる。

 推計は、国の将来推計人口と国民健康・栄養調査(二〇〇四年)を基にしており、全国に比べ肥満の割合が高い県民健康・栄養調査結果(〇三年)を反映させた。

 医療保険者が義務付けられた四十−七十四歳の県内対象者は〇八年度九十一万六千九百五十三人となり、メタボの該当者は二割弱の十五万三千三百四十六人となった。

 さらに予備軍十六万八千二百六十四人を加えた合計は三十二万千六百十人で、対象者の三人に一人が特定保健指導を受ける見込みだ。

 特定保健指導は医師や保健師らが実施する。予備軍対象の動機付け支援は原則面談一回。メタボ該当者の積極的支援は面談で食事や運動、生活の行動計画を立て、半年後の評価までに電話やメールなどで連絡を取りながら指導を受けるという。

 一方、県は「県民の健康づくり」を新年度の重点施策に位置付け、生活習慣病対策を強化。食事・運動・禁煙対策を柱にボランティアや企業などとも連携した二万人規模の県民運動を展開していく考え。

 企業の健康保険組合や国民健康保険(国保)を運営する県内市町などの医療保険者が実施する特定健診・保健指導との相乗効果を県は期待している。

 今後五年でメタボの該当者と予備軍は10%以上減らし、計三十万人を切るのを目標にしていく方針だ。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 06:15| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

来月から特定健診 サービス合戦の様相です

特定検診・特定保健指導のスタートをにらみ、いろいろな準備が進んでいます。病院、特に産婦人科で近年サービスの充実を図り成功しているところが目立ちましたが、特定検診・特定保健指導でも、その路線が継承されそうですね。ただ、この場合は受検者が病気や出産などとは異なり、身につまされた事情とはちがうので、どこまで通用するか。。。早い者勝ちかもしれません。

(岡山日日新聞より引用)

 4月からスタートする特定健康診査、特定保健指導まであと半月余り。岡山県内の医療機関や健診センターは、市場拡大が見込まれることから、体制整備を図るなど、ビジネスチャンスとして意気込む。一方、受け皿確保や業務量の増大など、現場にかかる負担も懸念され、期待と不安が交錯している。

 特定健診は県内ほぼ大半の医療機関や健診センターで導入予定で、受け入れに向けた設備更新をする健診施設も多い。

 健診と人間ドックで年間15万人を受け入れる淳風会健康管理センター(岡山市)は、主婦層など女性の支持を得ようと、20億円をかけソフト、ハード両面を刷新。西欧ホテル調の館内、女性専用フロアの新設など、健診施設の概念を一掃。人間ドックで改装前の2倍を受け入れ目標とするなど、新規受診者の囲い込み体制が整う。

 年間5万人以上の健診をする倉敷成人病センター(倉敷市)は、混雑緩和に重点。3月下旬に改装を行い、胃部X線撮影装置を1基増設。受け入れ数の2割増を目指す。

 岡山済生会総合病院(岡山市)も、年間1万4千人が利用する奉還町2丁目の健診センターが、閑散期も予約でいっぱい。4月から済生会に加わる昭和町健康管理センターと連携し、受け皿の拡充を図る。

 特定健診では、健診結果の保険者への報告が、紙ベースから電子データに変わるため、医療機関にとっては事務手続きに負担がかかる。

 倉敷のある健診施設では、事務関係部署の人員と端末を2倍に増強。「システム投資などは、残っていく健診屋としては避けて通れないところ」と攻めの姿勢を保つ。

 岡山市医師会は、電子化対応できない診療所などのデータ作成代行を支援。ただ、有料サービスのため、事務経費の負担はどちらにしても増える。

 特定健診で腹囲が基準値以上の場合などは、特定保健指導が行われるが、施設によって余裕に差が見られる。

 淳風会健康管理センターは、企業に対する保健指導のノウハウを生かし、食事、運動面で6パターンの支援メニューを用意。館内のフィットネスジムのほか、ニーズがあれば、館外での保健指導にも意欲を見せる。

 岡山県済生会は、運動面のサポートを昭和町館内2階に同居する「済生会フィットネス&カルチャークラブ」の施設を有効活用する方向で調整中。 スポーツクラブも特定保健指導に参入する。岡山スポーツ会館(岡山市)は7施設で、診療所などからの受け入れを想定。出張での講習も企画する。同社は各種健康教室での生活習慣病予防が既に軌道に乗っており、実績に自信をのぞかせる。

 どの施設も口にする課題は、対象者が継続して取り組めるような意欲喚起。カウンセリング能力の向上を図る講習会を実施する所もあるが、一人ひとりにサポートを継続的にできるのか、不安を示すところが多い。

 目標達成度に応じて保険者へのペナルティーが課される案も浮上しており、保険者側が「結果」の出る健診・指導施設を支持するのは、各施設とも意識している。「5年後に出るメタボ減少がうちの評価」ときっぱり言う所もある。

 しかし「毎年のように諭しても、危機感がない人には馬耳東風=B逆に受容する人に対して注力し、少しでも底上げする方が効率的」と早くも指導の方向性を絞る施設も出てきている。
 
posted by 特定健診・特定保健指導 at 06:35| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

特定検診・特定保健指導は、小学生にも必要?

子供のメタボリックシンドロームや糖尿病がだんだん増えているようですね。確かにこの記事のように、検診が必要になってくるかもしれません。小学生にも特定検診・特定保健指導の必要との声があがり始めるのも、十分予想できますね。ただ、このような現代病は、個人の食生活よりも、社会全体の「食」の問題を、政治レベルで見直すことのほうが、特定検診・特定保健指導を普及させることよりも重要な気がします。

(ヤフーニュースより引用)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000010-cnc-l23

 【愛知県】県が新年度に全国で初めて試験的に始める小学生を対象にしたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断について、県は碧南市の小学4年生を対象に実施することを明らかにした。

 県によると、碧南市は以前から小学生の血液検査を独自に実施。地元の医師会と共同で生活習慣病の若年化対策にも取り組んでおり、事業の実施規模なども考慮して選んだ。

 対象は同市の全小学校7校の4年生約700人のうち、保護者の同意を得た児童。腹囲(おなかの周りの長さ)や身長、体重などのほか、血液検査では中性脂肪やHDLコレステロール、血糖値、血圧などを測る。

 県は厚生労働省の研究班が示した子どものメタボ診断基準を参考に、3月末までに独自の診断基準を策定。1つでも基準を上回った場合は、専門家のチームが食生活や運動などを個別に指導する。

 五十里明健康担当局長は「生活習慣病の早期発見は未来ある子どもにとって重要」と述べた。中村友美氏(民主)の質問に答えた。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 06:30| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

特定健診・特定保健指導についての政府広報

特定健診・特定保健指導の政府広報が出ましたね。内容的には、基本的なことだけですが、これでは国民が積極的に受診しようという気にはなりませんね。どうしても浸透させたいのなら、国民自身にペナルティを課す必要があるのかもしれません。受診証明を発行して、それがないと保険料が値上げされるとか・・・


■新しい健診制度「特定健康診査・特定保健指導」が始まります

糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が増えています。これらは、食生活の見直し、適度な運動などで予防できることが分かってきています。このような背景のもと、平成18年の医療制度改革において、平成20年4月から、健康保険組合、国民健康保険などに対し、40歳以上の加入者を対象としたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査(特定健康診査)および保健指導(特定保健指導)の実施が義務付けられることになりました。


■男性の二人に一人、女性の5人に一人がメタボリックシンドローム

わが国の平均寿命は、世界でも高い水準にあります。しかし、高齢化の急速な進展に伴い疾病構造も変化し、疾病全体に占める虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの生活習慣病の割合は増加しています。現在、死亡原因に占める生活習慣病の割合は約6割で、医療費において生活習慣病の占める割合は国民医療費の約3割となっています。

生活習慣病の中でも、特に、心疾患、脳血管疾患の発症が重要な危険因子である糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの有病者やその予備群が増加しています。また、その発症前の段階であるメタボリックシンドロームが強く疑われる方と予備群と考えられる方をあわせた割合は、男女とも40歳以上で高く、男性では二人に一人、女性では5人に一人という割合に達しています。

生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積が原因となっていることが多く、肥満に加えて、高血糖、高血圧といった状態が重複した場合には、脳血管疾患などの発症リスクが高くなります。

内臓脂肪は、適度な運動とバランスの取れた食事により減らしていくことが可能です。このため、メタボリックシンドロームに該当する方とその予備群の方について、運動指導や食生活の改善を行うことは、生活習慣病の予防につながることになります。

こうしたことから、平成17年12月に政府・与党で取りまとめられた「医療制度改革大綱」に基づき法案化された「健康保険法等の一部を改正する法律」において、平成20年4月から、医療保険者(国民健康保険、組合管掌健康保険、政府管掌健康保険、船員保険、共済組合)に、40〜74歳の被保険者・被扶養者を対象とした健康診査(特定健康診査)と保健指導(特定保健指導)の実施が義務付けられることになりました。


■メタボリックシンドロームに着目した健康診査

これまでの健診は、個々の病気の早期発見・早期治療を目的にしたものでした。特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査です。内臓脂肪の蓄積を未然に把握することにより、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。

特定健康診査は、従来、老人保健事業が行ってきた基本健康診査の健診項目を基本としています。大きな変更点は、メタボリックシンドロームの診断基準で用いられる腹囲の測定が必須(ひっす)項目となったこと、総コレステロールの測定から、動脈硬化に大きく関係しているLDL-コレステロールの測定に替わったこと、の二つです。


■生活習慣を見直す保健指導を実施

特定保健指導は、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」に分類されます。

「動機付け支援」は、原則1回の支援を行います。支援方法は、個別もしくはグループとなります。個別面接であれば、最低20分以上の支援(個別支援)を行い、グループ(8人以下)面接の場合には、最低80分以上の支援(グループ支援)となります。

「積極的支援」は、「動機付け支援」と同様の初回の支援を行った後、継続的に3か月以上の支援を行います。具体的な支援方法としては、個別支援、グループ支援に加え、電話、e-mail、FAXなどを効果的に組み合わせることとしています。

「動機付け支援」および「積極的支援」の初回の面接においては、医師、保健師、管理栄養士が、対象者とともに、対象者個々人の生活習慣を振り返り、減量や運動などの個別の行動目標を設定します。行動目標を達成するために、就寝前の食事摂取を控え階段の利用を増やすなど、対象者が取り組むことができる範囲で必要となる行動計画を作成し、その目標達成に向けたサポートを行います。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 12:40| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。