特定健診と特定保健指導には問題点がいっぱい

スポンサードリンク

2008年02月01日

特定健診・特定保健指導のわかりやすい説明です

特定健診・特定保健指導に関して、わかりやすい説明だと思います。まだまだのんびりしてた、という方、シリーズになるようですので、チェックされてはいかが?

(自衛隊ニュースより引用)

 深刻な生活習慣病につながるメタボリック症候群に着目した特定健康診査・特定保健指導が医療保険加入者を対象に今年4月からスタートします。これらは「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、防衛省共済組合が実施を義務付けられているもので、これまでの健康診査が病気の「早期発見・治療」を目的としたものに対し、特定健康診査は「予防」を重視して生活習慣病を引き起こす前に体質を改善し、病気をくい止めようとするものです。被扶養者を含む40歳から74歳までの方全員が対象となり、多くの職員・隊員(組合員)の皆さんが関わることとなる新しい健康診査です。ここではその内容について分かりやすく紹介していきます。
 流行語大賞でも入選したことがあるメタボリック症候群。これは放置すると心疾患や脳血管疾患、糖尿病などの深刻な生活習慣病を引き起こす怖い状態のことで、日本人の約3割がメタボリック症候群と関わりのある病気で亡くなっています。また、生活習慣病のサインでもあり、40歳から74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群またはその予備群と言われています。
 厚生労働省によると、急速な高齢化にともない、医療費における生活習慣病の割合が国民医療費の約3分の1にのぼります。そこで特定健康診査の対象者約5600万人のうち、メタボ該当者とその予備群を2015年までに25%減少させて肥大化した医療費を削減しようとするなど、国民の健康増進とともに医療費の減少も目的としています。
 受診の大まかな流れは、まず問診と基本的な検査などの健診を受けた後、結果が通知されます。診断の結果、生活習慣病のリスクに合わせて3段階のレベル分けされ、生活習慣改善の支援が行われます。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 09:46| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。