特定健診と特定保健指導には問題点がいっぱい

スポンサードリンク

2008年02月25日

6市町村が無料 特定健診受診料

特定健診の無料化が進みそう。やはり地方は厳しいです。もっともっと国が啓蒙に力を入れてはどうでしょう?基準と罰金を設定するだけではダメなようです。。。

(琉球新報より引用)

 メタボリック(内臓脂肪)症候群などの対策で40―74歳を対象に4月から始まる特定健診の受診料を無料化する予定の県内市町村は6市町村あることが県社会保障推進協議会の調べで分かった。
 調査によると、無料化を予定しているのは那覇市、豊見城市、糸満市、宮古島市、南風原町、多良間村。うち豊見城市、糸満市、南風原町は75歳以上の後期高齢者の特定健診も無料にする予定だ。
 特定健診の受診者自己負担料は金額を決めている14市町村の多くが1000円か1500円としている。このほか金武町が500円、北谷町が700円。全体的に市町村住民健診の自己負担料をより低くする傾向がある。
 県全体の市町村健診受診率は28・5%だが、国は5年後に特定健診受診率が65%に達しなかった市町村に対しては、国保財政からの支出を課している後期高齢者支援金を加算(10%以内)する罰金を科す。科される罰金は試算では那覇市が4億6000万円(被保険者1人当たり4100円)、沖縄市は2億円に上るという。
 国の罰金基準達成について、調査に回答した36自治体の大半が「非常に厳しい」「至難の業」などと回答した。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 12:13| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。