特定健診と特定保健指導には問題点がいっぱい

スポンサードリンク

2008年03月27日

はけばお腹が引き締まる! ワコールの“脱メタボパンツ”

このパンツ、いけそう。特定健診・特定保健指導の有無にかかわらず、奥さんが旦那さんに買ってあげる、みたいなことが増えそうな商品だと思います。女性用はないんかな?

(日経トレンディネットより引用)

 はいて歩くだけで、たるんだお腹がきゅっと引き締まる――最近よく耳にする「メタボリックシンドローム(メタボ)」なる言葉に心を痛めている男性諸氏にとって、こんな虫のいい、いや、夢のような“パンツ”が登場した。下着大手のワコールが、全国の百貨店で3月18日(チェーンストアは4月10日)に発売した「CROSS WALKER(クロスウォーカー)」だ。このパンツは独自の構造により、はいて歩けば歩幅が広がり、通常の歩行が自然にエクササイズ歩行となって筋肉を鍛えられるという。

 2008年4月からは40歳以上を対象とした「特定健診・保健指導」、いわゆる“メタボ健診”が実施される。商機ありとみたワコールは、昨今の健康志向に即したクロスウォーカーの投入で、男性用下着市場に本格参入する。約2700億円といわれる同市場のうち、機能性下着のシェアは約2割。同社は新製品を軸に、30億円の売り上げを目指す。

 既に2008年2月から一部百貨店でクロスウォーカーのテスト販売を実施し、好感触を得たとのこと。また「エクサウォーカー」の名称で、今年1月下旬から各企業の健康保険組合を通じた販売を実施するなど、今回の一般販売に向けた準備は万端だ(詳細は「はいて歩けばメタボ対策? “歩き”を変える男性用下着『エクサウォーカー』」を参照)。
posted by 特定健診・特定保健指導 at 08:53| 特定健診・特定保健指導・メタボリックトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。