特定健診と特定保健指導には問題点がいっぱい

スポンサードリンク

2008年04月08日

特定健診・特定保健指導の自治体間の格差は?

特定健診の実施に伴い、19〜39歳の健康診断をカバーする、こんな発想も必要ですね。本質的な目的から言って、メタボ予備軍へのケアはとても重要ですから。ただ、自治体ごとに格差がひろがっていきそう、いかがなものか・・・。

(千歳民報より引用)

 千歳市の成人健康診断の内容が、2008度から変わった。内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム・通称メタボ)主眼の新しい健診「特定健診」実施に伴い、これまでの一般健診などを廃止し、新たに19―39歳の男性を対象にした「フレッシュ健診」を行う。
 特定健診は、40―74歳が対象者。メタボに着目し、糖尿病など生活習慣病の予防へ、体重や腹囲測定と血圧、血液検査など行う。メタボやメタボ予備軍と診断された人への特定保健指導が、各企業の健保組合に義務付けられ、国保加入者の場合、市がその義務を負うことになる。
 これに伴い、千歳市は従来の一般健診、はつらつ健診を廃止。新たに事業所などで健診を受けることのできない19―39歳の男性を対象に、フレッシュ健診を行う。女性の場合、これまでと同じ内容で「さわやか健診」を行い、健診年齢のはざまとなる男性若年層をカバーする。内容は特定健診と同様、受診料1000円。
 
posted by 特定健診・特定保健指導 at 19:30| 疑問が多い特定健診の判定値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。